日々あるがままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

暑い・・・負けずにイラガ退治

我が家で一番背の高い桜の木やもみじに、今年もイラガがいっぱい発生しました。

朝もはよから30度を越す猛暑の中、おじいさんに頼んで噴霧器で消毒
してもらいました。毎度毎度頼むだけじゃ申し訳ないので、今回は、ポンプの
押し役を引き受けて、しゅこしゅこと霧雨のような消毒液の振る下で移動しつつ、おしまくっていました。

おかげさまで、落ちる落ちる・・・ぼとぼとぼとぼとイラガが地面に振ってくるんだぁ~~。

何匹落ちたか数えようかとも思ったけど、気持ち悪かったからやめた。

私の小さい頃は、イラガなんて呼ばずに「オコンジョ」と読んでいた。
しゅっちゅう刺されては泣いていたもんだ。「オコンジョが怒ったぁ~」って
泣きながら言いつけに行ったもんだけど、いいつけたからってどうなるもんでも
ないわな。でも、痛かったなぁ~~。

それにしても、うちには噴霧器もあるし、なんでもやってくれるおじいさんも
いるけれど、立派な木がある一戸建てにすんでいる若夫婦は、こういう事態が
起こった場合、どう対処するんだろう。私が自分じゃ出来ない、って言う前提があるだけに興味津々だったりするんだけど。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

poiちゃん、いつまでも、じいちゃんを頼ってばかりじゃダメじゃないか。亭主を使え!いつまでも、あると思うな、親とカネ。今の若い夫婦だって、ホームセンターで、必要な物を買って、自分達でやると思うよ。よけいなお世話だから、このコメント読んだら、削除してね。

ai | URL | 2006年07月14日(Fri)23:22 [EDIT]


aiさん、おはよ~。そうなんだよねぇ。いつまでも頼ってちゃいかんと思いながら
ついついねぇ~~。
亭主は、頭痛と吐き気で寝込んでたし・・・(ーー;)
脚立も知らない若者が多い中、噴霧器なんてものの存在も知っているのかと・・・
これこそ、余計なお世話ですな。

poipoi | URL | 2006年07月15日(Sat)08:20 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。